この記事の目次


ラムカムヘンからカムバック! うま食堂

phrakanong umashokudo

もともとプラカノンのサービスアパート「ホープランド」に入っていたが、一昨年8月にラムカムヘンに移転。そして今月、2店舗目を再度プラカノンにオープンさせた。うま食堂ウェルカムバック!
ラムカムヘンは、日本食レストランの完全なる不毛地帯であり、ライバル不在で一人勝ちができる環境かもしれないとオープン前は想像していたが、蓋を開けてみれば「ライバル不在=需要も不在」ということだった。オープン当初、経営はかなり厳しかったと聞いている。
しかし、オーナーの地道な経営努力により過酷な状況を持ちこたえ、ようやくラムカムヘン店の経営は安定した。そして満を辞してのプラカノンへの再出店となったのである。
一品料理や定食からラーメンまでメニューが豊富で味もよし。価格も手頃で毎日でも通える昔ながらの定食屋という雰囲気だ。
ぜひ、近所に住んでいる方は足を運んでみて欲しい。個人的には唐揚げ定食(180B)がイチオシだ。
場所は、プラカノン駅からホープランドに向かって歩き、ホープランドのすぐ手前にある。

昔ながらの定食屋 うま食堂
営業時間:12時〜24時 
電話番号:0-2101-9904

Google Map

バンコクの沖縄料理店といえば金城

phrakanong kinjo

今や日本人だけでなくタイ人にも人気のバンコクを代表する沖縄料理店として有名な金城。
僕はここのコロッケ定食が大好きで月に1度は必ず食べに来る。定食には、コロッケ、サラダ、沖縄そば、ご飯、ジーマーミ豆腐が付く。ボリュームがとても多いので完全に満腹になる。女性1人では食べきれないだろう。もちろん味も旨いのは言うまでもない。
詳しい店舗情報は下記、金城HPを参照。

バンコクの沖縄料理&居酒屋「金城」
http://kinjo.namjai.cc/
営業時間:11時半〜24時(23時ラストオーダー) 
無休(タイ祝日休みの場合あり、電話にてご確認お願いします)
電話番号:08-9047-1456(日本語可)、0-2711-0536(店舗)

Google Map

バンコクでは珍しい岡山料理 居酒屋ぼっけえ

phrakanong bokke

先月オープンしたばかりの居酒屋。バンコクでは珍しい岡山料理のお店だ。
他では食べられない岡山名物のホルモンうどんや牡蠣のお好み焼きが旨い。気軽に使える居酒屋として、重宝される存在になりそうだ。
詳しい店舗情報は下記ぼっけぇFacebookページを参照。

居酒屋ぼっけぇ
https://www.facebook.com/bokkeh
営業時間:18時〜24時
電話番号:0-2751-2882

Google Map

しゃぶしゃぶブッフェのパイオニア・秋吉

phrakanong akiyoshi

しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題の老舗。今となればタイ人に一番人気のある日本食といえば「しゃぶしゃぶ」というほど浸透しているが、タイにおけるしゃぶしゃぶブッフェの草分け的存在がこの秋吉だ。アジアティークやサイアムスクエアワンに支店があるが、ここプラカノンが本店。今でも多くのタイ人で賑わっている。ランチは価格も安くボリュームが多いのでオススメだ(友人談)。
秋吉
営業時間:11時~14時、17時半~22時

Google Map

読みづらいぞ! 艸庵 暁雨(そうあん ぎょうう)

phrakanong gyouu

W District内にオープンしたばかりの日本食レストラン。まだ入ったことがないのでなんとも言えないが、しっかりとした店構えで雰囲気は良さそうだ。
詳しい店舗情報はタイ自由ランドHPを参照。
http://jiyuland5.com/貴重な和食屋さん「艸庵-暁雨」

飲食以外の日本人向けサービス

phrakanong kenkopharmacy
phrakanong maxvalu

その他の日本人向けのサービスとしては、日本人が常駐する薬局「KENKO PHARMACY」や、総合格闘技ジム「心技道場」、リサイクルショップ「Tokyo Joe」などがある。駅前には24時間営業のスーパーマーケット「MaxValu」もある。

新旧が共存する魅力ある街へ

phrakanong

プラカノンはもともとプラカノン市場を中心としたバンコクの下町という位置付けの街。ローカルな雰囲気が色濃く残るエリアであり、町歩きもなかなか面白い。
プラカノン市場は新鮮な食材や安価な衣料品が買えることで有名だが、個人的には、W Districtのすぐ裏を通るソイ(69から71に抜けるソイ)がお気に入りである。

phrakanong

昔ながらのレトロな商店が並ぶ中に、ギャラリーや飲食店などがオープンし、新旧が共存するとても魅力あるソイに変わりつつある。

phrakanong
phrakanong ossan

いかがだろうか、プラカノン。
もし、「プラカノンに住みたい」「賃貸物件を見てみたい」という方がいれば、気軽に下記まで問い合わせて欲しい。25,000B以下の物件を中心に紹介が可能だ。

090-972-0302 明石
info@yindeed.asia

結局落とし所は物件紹介か! と思った方、すみません。m(_ _)m
決してそんなつもりではなく、本当にプラカノンはネクストスクンビットとしてイチオシのエリアである。
スクンビットまですぐに出られるし、wifiが使えるカフェも多い。(←個人的にこれが一番重要)
日本人向けのサービスをこれから始めるには、検討すべきエリアのひとつだと思っている。
反響がよければ第2弾はオンヌットを紹介するつもりだ。(オンヌットは第3弾に延期)

それではまた!

明石

第2弾はこちら!
ネクスト・スクンビットを探せ! 第2弾 今、タイカルチャーセンター駅がアツい!