2016年4月20日(水)より、バンコク・スワンナプーム空港でのリエントリーパーミット(再入国許可証)の取得可能時間が、24時間対応から5時〜24時までに変更となる。
スワンナプーム空港で深夜もしくは早朝にリエントリーパーミットを取得しようと考えている方は注意して欲しい。

suwarnabhumi airport re-entry

また、時間変更に伴い、受付場所も変更になる。

この記事の目次


受付場所も変更に

suwarnabhumi airport re-entry

以前は、International Departures 2のパスポートコントロール前にリエントリーパーミットの受付があったが、現在は、4階(出発フロア)のカウンターFとGの奥に移動している。

写真持参を推奨

リエントリーパーミットの申請には4×6センチの写真が必要となる。以前は、写真を持参しなくても受付で撮影してくれていたが、今後、写真を持参しない場合、2階に撮影をしにいかなければならないという情報もある。念のため写真は持参したほうが無難だ。

【4月21日追記】
読者からの情報によると、2階のAirport Policeで写真を撮影できたとのこと。撮影料金は200B。ただし、いつ撮影不可になってもおかしくないので、写真は持参することをおすすめしたい。

料金は変わらず

suvarnabhumi airport re-entry

リエントリーパーミットの料金は以前と変わらず、シングル1,000B、マルチ3,800B。

繰り返しになるが、スワンナプーム空港で深夜〜早朝にリエントリーパーミットを取得しようと考えている方は、くれぐれも注意して欲しい。

それではまた!