バンコクは年明けから4月にかけてが1年で最大の引っ越しシーズンになる。今まさに引っ越しを検討中という方も少なくないだろう。
バンコク在住日本人の多くは、スクンビットエリアに暮らしている。「スクンビットって何?」というバンコク在住以外の方に、念のために説明しておこう。

スクンビットとは、BTS(スカイトレイン)で言うと、ナナ駅〜エカマイ駅までのエリアを指す。中でも日本人が集中するのは、プロンポン、トンロー、エカマイの3駅。特にプロンポン駅周辺は、「日本人街」と呼ばれ、日系のスーパーや日本料理店、書店、美容室など日本人向けの商業施設が密集している。
BTSの真下を走るスクンビット通りの南北には、無数のソイ(通り)が伸び、北側は奇数、南側は偶数の番号が振られている。バンコクに1年も暮らしていれば、ソイの番号を聞くだけでどの辺りか分かるようになる。
スクンビットの数あるソイの中でも日本人が多く住んでいるのは、奇数側ではソイ39と49、偶数ではソイ24と26である。
それぞれ特徴のあるソイで日本人にとっては暮らしやすい環境であるが、都会的なライフスタイルを求める方にはソイ24が最適だろう。

sukhumvit24なぜソイ24なのか?
今回は、バンコクの不動産仲介会社「アーバンランドエージェント社」の協力のもと、都会的なライフスタイルを求めるあなたがスクンビット・ソイ24に住むべき5つの理由をお届けする。

この記事の目次


理由その① どのソイとも一線を画す上質な雰囲気

sukhumvit24

スクンビット・ソイ24

ソイ24を歩いてると、スクンビットのどのソイとも異なる上質な雰囲気を感じられる。上質とは言っても、東京の銀座や表参道のように洗練されたものではないが、雑多なバンコクの街並みの中において、高層コンドミニアムが立ち並ぶソイ24の都会的な光景は、良い意味でタイっぽさがなく、都会暮らしに馴染んだに外国人にとって馴染みやすいものである。

この上質な雰囲気も、全てはソイ24の入口に建つ高級デパート「エンポリアム」があってこそ。スクンビットのランドマーク的存在であり、ソイ24に高級レジデンスが多く造られるようになったのも、このエンポリアムが開業した1997年以降のことである。

emporiumエンポリアム

ソイ24には都会的なライフスタイルを求める外国人駐在員が集まり、行き交う人々は多国籍で国際色豊か。
屋台や食堂、ショップハウスが立ち並ぶいかにも東南アジアな雰囲気に囲まれて暮らしたいという方には向かないが、都会的な暮らしを求める方にはこれ以上ない通りである。

理由その② スクンビットのオアシス「ベンジャシリ公園」

sukhumvit24

ベンジャシリ公園

都会的なライフスタイルに欠かせないものといえば、広々とした公園である。エンポリアムのすぐ隣に緑豊かな「ベンジャシリ公園」がある。早朝や夕方には、たくさんの人がジョギングやヨガなどのエクササイズに励み、お昼時には芝生でランチを楽しむOLの姿が見られる。ベンジャシリ公園は、まさにスクンビットのオアシスのような存在なのだ。

ベンジャシリ公園の周囲には、高級アパートやコンドミニアムが立ち並び、スクンビットでも有数の人気を誇るエリアとなっている。
ソイ24に暮らす理由のひとつとして、このベンジャシリ公園の存在を挙げる方は少なくない。
バンコクのほとんどの物件にはジムやプールが備わっているが、青々とした木々に囲まれた公園の中でも汗を流したいものである。自宅から徒歩圏内に広々とした公園がある生活は、きっとあなたのバンコクライフを豊かなものにしてくれるだろう。

理由その③ 交通至便な立地

sukhumvit24

シーロム・サトーンエリア 手前の道路がラマ4世通り

ソイ24は交通至便な立地も魅力のひとつ。
ソイ24の南側は都心南部を横断するラマ4世通りに繋がっている。ラマ4世通りを西に進めば、バンコク最大のオフィス街であるシーロム・サトーンエリアや日本大使館のあるウィッタユ通りに通じ、高速道路の入口もある。東に進めば、BTSプラカノン駅付近でスクンビット通りと合流し、バンナー等東方面へのアクセスも悪くない。
また、ソイ24の入口にはBTSプロンポン駅があり、通勤にBTSを利用する方にも便利な立地なのである。

理由その④ 買い物・食事に便利な周辺環境

sukhumvit24

エムクオーティエ

住環境で最も重視したい点と言えば、やはり日々の買い物や食事の利便性だろう。ソイ24はその点でもスクンビット屈指の利便性を誇っている。
「エンポリアム」とその向かいに2015年に開業した「エムクオーティエ」には、日本食をはじめ世界各国の料理が楽しめるレストランと安価なフードコート、輸入食材が豊富なスーパー「グルメマーケット」、ユニクロやZARA、H&Mなどのファストファッション、日本語書籍を扱う「紀伊國屋書店」などが入居し、日常生活に必要なものは全てここで調達できる。
また、日本式の温泉施設「湯の森」や日本食レストランが軒を連ねるコミュニティモール「K-Village」と「日本街」、巨大スーパー「Big C」などがあるお隣のソイ26にも、ラマ4世通りからすぐに行くことができる。
しいてマイナス面を挙げるとすれば、日本食材が豊富な「フジスーパー」までのアクセスが若干悪いということだろう。

fujisuperフジスーパー1号店

ソイ24に住む友人たちは、週に一、二度フジスーパーに買い出しに行き、それ以外はグルメマーケットやBig C等で買い物をしており、特段不便は感じていないということだった。
デパート、コミュニティモール、スーパー、レストラン、温泉、と大規模商業施設がこれほど集まっているエリアは、スクンビット広しと言えどソイ24だけだろう。

理由その⑤ 質の高い物件の数々

sukhumvit24

ソイ24には高層のレジデンスが立ち並ぶ

ソイ24には、五つ星のサービスアパート「Marriott Executive Apartment Sukhumvit Park」をはじめ、高級レジデンスが競うように林立している。
バンコクを一望する眺望が楽しめる高層物件から、目の前がベンジャシリ公園という北欧風アパートまで、各々のライフスタイルに合わせた質の高い物件を選ぶことができるのもソイ24の魅力だ。
今の僕にはどの物件も指を加えて見ていることしかできないが、「ソイ24、いいかも!」とお考えの方のために、アーバンランドエージェント社より、厳選した5つの物件をご紹介していただこう。

ソイ24のおすすめ物件5選!

1. 日本人のための建てられたアパート The Residence 24 【家族向け】

the residence24

アーバンランドエージェント社からのコメント

各フロア4ユニットのみのゆとりのある作りの大型アパート。日本人の多いソイ24の中でも特に人気の物件です。
お部屋は内装は落ち着きのあるシンプルなデザインで、3ベッドルームにはウォークインクローゼットも備えています。
設備にはテニスコートやバスケットゴールもあり、子供の遊び場では自転車を走らせることもできます。日用品から日本の食材まで、何でも揃うBig Cに歩いてすぐ。エンポリアムデパートとBTSプロンポン駅へも徒歩圏内です。

  • 物件名:The Residence 24(ザ・レジデンス24)
  • 物件詳細:http://urbanland.co.th/detail/The_Residence_24.php
  • 竣工:2008年
  • 総階数:地上41階
  • 最寄り駅:BTSプロンポン駅から徒歩10分
  • 家賃・戸数
    2ベッドルーム 160〜200㎡ 70,000〜85,000B(75戸)
    3ベッドルーム 200㎡ 75,000〜95,000B(75戸)
    4ベッドルーム 320㎡ 140,000〜150,000B(26戸)

2. 多国籍の方が入居する高層コンドミニアム Bright Sukhumvit 24 【家族向け】

bright 24

アーバンランドエージェント社からのコメント

2012年に完成したばかりの高層タワーコンドミニアム。日本人以外にもさまざまな国籍の方が入居しており国際色豊かです。
お部屋は1ベッドルームでも非常に広く、キッチンは機能性に優れたオープンキッチン、バスルームにはバスタブの他にシャワーブースも完備。3ベッドルームはDuplex(2階建て)タイプで、家賃はかなり高額です。
設備のプールは25mもあり、ジムには10台のマシンを設置。ロビーも広々としており、仕事の打ち合わせなどにも使えそうです。徒歩圏内にBTSプロンポン駅、エンポリアムデパート、ベンジャシリ公園があり、交通の便や毎日のお買い物にも便利な立地です。

  • 名称:Bright Sukhumvit 24(ブライト・スクンビット24)
  • 物件詳細:http://urbanland.co.th/detail/Bright_Sukhumvit_24.php
  • 竣工:2012年
  • 総階数:地上36階
  • 最寄り駅:BTSプロンポン駅から徒歩8分
  • 家賃・戸数
    1ベッドルーム 67〜73㎡ 55,000〜65,000B
    2ベッドルーム 87〜95㎡ 78,000〜85,000B
    3ベッドルーム 170〜175㎡ 120,000B

3. 5つ星サービスアパートを我が家に Marriott Executive Apartment Sukhumvit Park 【単身向け】

marriottアーバンランドエージェント社からのコメント

マリオットホテルグループのサービスアパート。お部屋はマリオットの名に恥じない豪華な内装です。
ファシリティは、プールやジムはもちろん、テニスコート、ゴルフ練習場、ビリヤード台などアクティブ派の方には嬉しい設備が充実しています。BTSプロンポン駅までは十分に歩いていける距離ですが、シャトルサービスも運行しています。
家賃の支払いはクレジットカードを利用でき、1年住めば日本の往復航空券分くらいのマイルが貯まります。さらにマリオットホテルグループの会員ポイントも加算すれば、世界のマリオットグループのホテルに無料宿泊できます。

  • 名称:Marriott Executive Apartment Sukhumvit Park(マリオット・エグゼクティブアパートメント・スクンビットパーク)
  • 物件詳細:http://urbanland.co.th/detail/Marriott_Executive_Apartment_Sukhumvit_Park.php
  • 竣工:2009年
  • 総階数:地上34階
  • 最寄り駅:BTSプロンポン駅徒歩9分
  • 家賃・戸数
    スタジオ 45㎡ 75,000B(72戸)※デイリー利用のみ
    1ベッドルーム 65〜85㎡ 85,000〜98,000B(184戸)
    2ベッドルーム 130㎡ 140,000B(20戸)
    3ベッドルーム 180㎡ 180,000B(4戸)
    ※電気代、水道代、インターネット代すべて込み
  • 掃除 毎日
  • リネン交換 週2回

4. 日本人向けの優良アパート Casa24 【家族向け】

casa24

アーバンランドエージェント社からのコメント

お部屋の間取りや内装は完全に日本人好みで、入居者もほとんどが日本人です。
どのお部屋も採光性に優れ、明るい雰囲気が特徴です。テレビは日本の民放も視聴可能。プールは大人用と子供用があり、緑の人口芝が敷かれた屋上には子供の遊び場を設置。お子様をのびのびと遊ばせることができます。
エンポリアム、ベンジャシリ公園が徒歩圏内で周辺環境は申し分ありません。
常に満室が続く人気物件ですので、空き部屋があればすぐにご予約いただくことをオススメします。

  • 名称:Casa 24(カーサ24)
  • 物件詳細:http://urbanland.co.th/detail/Casa_24.php
  • 竣工:2009年
  • 総階数:地上8階
  • 最寄り駅:BTSプロンポン駅から徒歩7分
  • 家賃・戸数
    1ベッドルーム 60〜66㎡ 50,000〜55,000B(14戸)
    2ベッドルーム 106〜120㎡ 70,000〜75,000B(12戸)
    3ベッドルーム 125〜138㎡ 75,000〜80,000B(20戸)

5. 目の前はベンジャシリ公園! Baan Thiphayadej 【家族向け】

casa24

アーバンランドエージェント社からのコメント

2014年に完成した2棟のタワーで構成されるアパートです。ベンジャシリ公園の南側出入口の目の前に立ち、公園まではわずか徒歩10秒。ベンジャシリ公園を自宅のお庭代わりに利用できる最高の立地です。
お部屋はどれも広々としたバルコニー付きの間取り。キッチンは使い勝手の良いオープンキッチンで、料理をしながらリビングを広く見渡すことができます。
1階には人気のVeganレストラン「VEGANERIE Concept」があります。BTSプロンポン駅まで徒歩6分という好立地なので、日々のお買い物やお食事にも困りません。
スクンビットに暮らす方なら一度は住んでみたいと思う立地ではないでしょうか。

  • 名称:Baan Thippayadej(バーン・ティッパヤデー)
  • 物件詳細:http://urbanland.co.th/detail/Baan_Thippayadej.php
  • 竣工:2014年
  • 総階数:地上7階
  • 最寄り駅:BTSプロンポン駅から徒歩6分
  • 家賃・戸数
    1ベッドルーム 80㎡ 60,000B(3戸)
    2ベッドルーム 140〜180㎡ 80,000〜95,000B(16戸)
    3ベッドルーム 225〜265㎡ 140,000〜145,000B(2戸)

おすすめ物件は以上。
「気になる物件を見つけた!」という方は、以下のお問い合わせフォーム、または文末に掲載した連絡先からアーバンランドエージェント社へお問い合わせいただきたい。

※下記フォームからのお問い合わせは、Yindeed宛ではなく、アーバンランドエージェント社へ直接メールが送信されます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

お問い合わせ内容

今後も要注目のスクンビット・ソイ24

sukhumvit24以上、「都会的なライフスタイルを求めるあなたがスクンビット・ソイ24に住むべき5つの理由」をお届けした。

上質な雰囲気、緑豊かな公園、交通至便な立地、買い物・食事に便利な周辺環境、質の高い物件。これら全てを兼ね備えているソイは、スクンビットでもソイ24だけだろう。
さらに今後、ソイ24とソイ22の間には、「エムスフィア」という商業施設の建設が予定されており、エンポリアム、エムクオーティエ、エムスフィアの3つを合わせて「The EM District(エム・ディストリクト)」と呼ぶ計画が進められている。この3つの商業施設の総売場面積は650,000㎡で、完成すればセントラルワールドを上回るタイ最大規模の商業施設となる見通しである。
急激に発展を遂げるスクンビットエリア。その中心であるソイ24は、都会的な暮らしを求める方にとって、ますます便利で住みやすい環境になっていくだろう。

「今すぐソイ24の物件を内見したい!」という方は、ぜひアーバンランドエージェント社にお問い合わせいただきたい。

お部屋探し応援WEBマガジン「スクンビッター」

sukhumvitter

スクンビッター

アーバンランドエージェント社では、「バンコクのお部屋探しをもっと楽しく!」をコンセプトとしたWEBマガジン「スクンビッター」を運営している。

ひとつひとつの物件を丁寧に取材した物件紹介記事は、読んでいるだけで実際に内見に行った気分になれる。お部屋探し中の方は、ぜひスクンビッターも参考にしていただきたい。