今年39歳になり、来年はいよいよ四十を迎える。

会う人会う人に「太ったねぇ〜」と言われ続けたこの1〜2年。

「そうねんですよ、アハハハ…」と笑って誤魔化してはいたものの、鏡に映る突き出た腹と二重あごの自分を見るたびに、失望を覚えるばかり。

もともと痩せ型で太らない体質だった。

35歳までは。

35歳を過ぎてから同じような食生活をしているのに、太る太る。

特にこの1〜2年、禁煙したことをきっかけに、肥満が加速した感がある。

naoya akashi

8年の変化(左:移住直後、右:2018年12月)

ちなみに僕がタイに移住した2011年、31歳のときの体重は65kg(身長181cm)。

それから8年後の現在は、80kgを行ったり来たりするように…

タイに来て8年で15kgも肥えてしまったのだ。

最大の原因は、食べ過ぎと運動不足。

自覚はしているが、生来怠け者の自分は生活を変えることができなかった。

痩せなければ、と焦燥感にかられるもののまったく努力をしないまま時間ばかりが過ぎていく。

今年も1/3が終わろうとしていたソンクラン明けの4月末、ようやく転機が訪れた。

この記事の目次


パーソナルトレーニングをはじめます

visionbody

昨年8月にお届けした、電気が流れるスーツ(EMS)を着用して行うパーソナルトレーニング「ebody design」の体験取材。

ドイツ発の最新式ボディスーツ「Vision Body」を導入したトレーニングで、「たった20分間のEMSトレーニングで、従来型のトレーニング4時間に匹敵する」が謳い文句である。

あの体験取材から8ヶ月が経過した今年4月末、ebody designの秋山代表から、

秋山さん
明石さん、そろそろ本気でトレーニングしてみませんか?

と、再びお声がけいただいたのだ。 

前回の体験取材でVision Bodyを着用したトレーニングの効果は実感していた。なにより本気で肥満化に危機感を感じていたので、渡りに船のお申し出であった。

明石
やりたいです! やらせてください!

もちろん、二つ返事で了承し、ebody designのパーソナルトレーニングに通い、ダイエット&肉体改造に取り組むことになった。

月に8回のトレーニングと糖質制限を3ヶ月間続けることになる。

今回は、パーソナルトレーニングをはじめて1ヶ月後のビフォーアフターも大公開するので、ぜひ最後までお読みいただけたら嬉しい。

目標は3ヶ月で10kg減!

e-body-design

Vision bodyのEMSスーツ

4月29日(月)、トレーニング初日を迎えた。まずは身体測定から。

e-body-design

e-body-design

  • 日付:2019年4月29日
  • 体重:79.60kg
  • 体脂肪率:19.40%
  • 骨格筋率:35.0%
  • ウエスト:89cm
  • 体年齢:41歳

ギリ80kgを割っているが、体年齢は実年齢を上回っている。体脂肪率は20%で軽度の肥満に相当するらしい。

この計測結果から、目標は「3ヶ月で10kg減」に設定した。

明石
なんとしても70kgを切りたい!

みすぼらしいカラダで情けないが、記録のため上半身裸のビフォー写真も掲載しておく。

4月29日 ビフォーの写真

ebody-design

ebody-design

だらしなく垂れ下がった、典型的な中年体型である…

3ヶ月後には、どんなカラダになっているのだろうか。

明石
今が底だと思って、頑張るしかない!

測定後はトレーニングに入るのだが、念のためebody designのパーソナルトレーニングメニューについて簡潔に説明しておこう。

ebody designのパーソナルトレーニング

ebody design

体幹トレーニングだけでなく、ウェイトトレーニングのメニューもある

ebody designのパーソナルトレーニングは目的別に多少異なるが、大きく以下の3つ。

  • 1回20分間のVison body(EMSスーツ)を着用した体幹トレーニング
    料金:1ヶ月8回/25,000B、または6回チケット/12,000B
  • ウェイトトレーニングコース
    料金:業界最安値! 1ヶ月8回/16,000B
  • 食事指導(毎食)

ダイエット目的なら食事指導は、糖質制限がメインとなる。

痩せることよりも筋肉をつけて、引き締まったカラダを目指すなら、体幹トレーニングの回数を減らし、ウェイトトレーニングをメニューに組み込むといった、オーダーメイドも可能だ。 

自分がどんなカラダを作りたいか、事前にトレーナーと相談をして、メニューを決めてもらおう。

秋山さん
理想のカラダを手に入れましょう!

僕は、もちろん引き締まったカラダを作りたいが、まずは体重を落とすことを最優先したいので、体幹トレーニングと糖質制限の組み合わせでやっていくことにした。

時間的効率に優れたVision body(EMS)トレーニング

ebody-design

Vision body(EMS)を着用して行うトレーニングの特徴は、「電気刺激を与え、強制的に筋肉を収縮させることで、通常のトレーニングの何倍もの効果が得られる」ということ。

トレーニングは、1回あたり20分。ほかのパーソナルトレーニングなら60分や90分の運動を行うところ、わずか20分で同様の効果が得られるという。

明石
1回20分なら自分でも続けられそうだ

僕がebody designを選んだのは、この時間的効率に優れていることが最大の理由だ。

前回の取材記事で、Vision bodyの仕組みや効果については詳しく説明しているので、ぜひ目を通していただきたい。

痛いか痛くないか、ギリギリを攻める

ebody-design

スーツを受け取り、シャワールームで着替える。

シャワー、ドライヤーが完備され、汗ふきタオル、バスタオルも借りられる。仕事帰りに手ぶらで来店できるのがありがたい。

ebody-design

清潔なシャワールーム

スーツを着用し、脚、お尻、腰、背中、肩・首を部位別に電気の強さを調整する。

ebody-design

僕は体を動かしたときに、痛いか痛くないか、ギリギリの強さに設定している。

電流のセッティングが終わったら、トレーニング開始!

わずか20分間の体幹トレーニングが、かなりキツい!

ebody-design

担当トレーナーの入江さんと大口さん

e-body-design

その他のトレーナーのみなさん

体幹トレーニングの内容は毎回少しずつ異なるが、大きくは変わらない。

ebody-design

スクワット

ebody-design

プランク

ebody-design

腹筋

ebody-design

腕立て

ebody-design

マウンテンクライマー

ebody-design

バランスボール 

といったトレーニングをゆっくりとやっていく。

普段から運動をしている方なら、楽にこなせるのかもしれないが、僕は毎回、トレーニングの終了時には、しばらく起き上がれないほど、疲労感がある。

ebody-design

トレーニング後はフラフラになるほどキツい

床がビショビショになるほど、汗もかく。

明石
とてもじゃないが20分以上は耐えられそうにない…

ebody-design電気マッサージが思いのほか気持ちいい

最後に仰向けで5分間の電気マッサージを受けて、トレーニングは終了。

トレーニング後にはプロテインのサービスもあるのが嬉しい。

ebody-design

プロテインの味は3種類から選べる

糖質制限で食べていいもの、NGなもの

ebody-design

シャワーを浴びて、スッキリしたあとは、トレーナーとの面談。

測定の結果に基づいたアドバイスをいただき、不明なこと、心配事など、なんでも相談できる。

初回なので、糖質制限とはなにか? 食べていいもの、NGなものについて、説明を受けた。

食べていいもの(タンパク質、脂質)

  • 肉類
    ・むね肉 ・ささみ ・豚肉の赤身 ・牛肉の赤身
    ※鶏皮は高カロリーのためNG
  • 魚介類
    ・白身魚全般 ・甲殻類はすべてOK
    ※サバやサンマなど光物は脂が多いためNG
  • 野菜
    ・もやし・キャベツ・白菜・ほうれん草・チンゲン菜
    ・小松菜・セロリ・ピーマン・春菊・ニラ・モロヘイヤ
    ・アスパラ・唐辛子・水菜
    など
    葉野菜はだいたいOK
    色の薄い野菜はOK
    きのこ類はすべてOK
  • その他
    ・たまご ・チーズ ・海藻 ・こんにゃく ・豆腐
  • 飲み物
    ・水 ・ブラックコーヒー ・プロテイン (・蒸留酒)

NG食品

  • ごはん、パン、麺類などの炭水化物
  • 根菜類全般
  • かぼちゃ、じゃがいもなどイモ類
  • トマト、にんじんなど色が濃い野菜
  • 栄養価が高すぎる食材
  • 果物
  • お酒(蒸留酒なら可)
  • ケチャップ、ソース類

説明を聞くまでは、お米や麺、パンなどの主食や甘いものを食べずに、肉や野菜を食べておけばいいのだろう、くらいにしか考えていなかった。

上の一覧にもあるとおり、肉はまぁ脂身が少ないものであればOK。

だが、野菜に関して、葉野菜やきのこ類以外は、ほぼNGだということショックを受けた。

じゃがいもやカボチャ、トウモロコシは甘いので何となく分かるが、ニンジンやトマトなどの色がついているもの、根菜類までもがNGとは…

それでは、この1ヶ月僕が実際にどんな食事をしていたのか、見ていただこう。

糖質制限中の食事

朝はパン、昼は麺、夜はお米、と炭水化物しか食べていない食生活を39年続けてきた。炭水化物を食べずに何を食べればいいというのか。

日本に住んでいたときは、ほぼ毎日自炊をしていたが、タイに来てから8年、一度も自炊をしたことがない。

お湯すらも沸かしたことがないレベルだ。

幸い自宅には食器と調理器具はひと通り揃っていたので、初日のトレーニング終了後、スーパーへ買い出しに。

鶏肉、豚肉、野菜などを買い込み、3ヶ月の糖質制限生活がスタート!

朝食はこんな感じ

ebody-design

朝食は、オクラ納豆、ゆで卵、味噌汁、というパターンが多い。時間がないときは、ゆで卵と味噌汁だけの日も少なくない。

ebody-design

キャベツのコンソメスープと台湾土産の茶葉蛋

昼食はこんな感じ

ebody-design

ステーキ率高し

昼食はやはり外食が多くなる。

炭水化物以外で腹を満たすとなると、選択肢はやはり、肉、肉、肉。

ステーキや鉄板焼きなど、とにかく昼には肉を食べている。

食事量の配分として、

朝3:昼5:夜2

がいいと聞いたので、昼はガッツリ食べている。

ebody-design

ARNO’Sでもハンバーガーはバンズなしを注文(泣)

ebody-design

前夜に食べ過ぎたときは、豚の冷しゃぶサラダを作り、朝昼兼用にする場合も少なくない

晩飯はこんな感じ

ebody-design

夜は早めに帰宅し、自炊。

ほぼ毎日、鍋だ。

ebody-design

たまに照り焼きを作って糖質を取ってしまうこともあるが、基本は鍋か肉と野菜、スープという組み合わせだ。

主食がないから事前にどれだけ食べるか量を調整するのが難しく、最初のほうは作り過ぎてしまうことも多かった、最近は慣れてきた。

間食はアーモンド!

ebody-design

なるべく塩も振っていないものを選ぶようにしている

糖質制限をはじめるまでは、毎日必ず甘いものを食べていた。

太ってしまった最大の原因だと自覚しているので、甘いものだけは絶対に食べないようにしたい。

トレーナーからは、どうしても空腹が我慢出来ないときは、アーモンドを5〜10粒程度なら食べていいという指導を受けていたので、自宅にアーモンドを常備している。

糖質制限中に食べてしまったNGなものたち…

ebody-design

ドリアンブッフェでのドリアン(できるだけ熟れていないものを一房のみ)

仕事柄、レストランの取材などで、どうしても糖質を避けられないこともあった。

1ヶ月目で食べてしまったNGなものたちも公開しておこう。

ebody-design

パタヤで絶品のバミーヘーンを

GARAKU ThailandGarakuのスープカレー

どれも取材時のものだが、やはり久しぶりに口にする炭水化物は最高に旨かった…

食事指導のコンサル

ebody-design

実際のLINEでのやりとり

毎食、トレーナーにLINEで写真を送り、食事指導を受ける。

毎回報告しなければならないというプレッシャーが、糖質制限を続けるモチベーションにもなる。

これが自分ひとりだったら、もっと糖質をとってしまっていただろう。

4月29日の1回目のトレーニングから、8回目のトレーニングが終了した5月28日。

とうとう1ヶ月目の測定の日がやってきた。

果たしてどれくらい痩せているのか?

それでは測定結果を発表しよう!

1ヶ月目の測定結果は…?

ebody-design

ドキドキ。。。

ebody-design

なんと、5.6kg減の74kg!

想像以上の結果に、「うぉぉぉ!」と雄叫びを挙げてしまった。

体重含めた全項目の測定結果は以下のとおり。

ebody-design

  • 日付:2019年5月28日
  • 体重:79.60kg→74.0kg -5.6kg
  • 体脂肪率:19.40%→18.70% -0.70%
  • 骨格筋率:35.0%→34.90% -0.1%
  • ウエスト:89cm→82cm -7cm
  • 体年齢:41歳→37歳 -4歳

ウェストも-7cmと悪くない結果だ。 

1ヶ月の経過は下記のとおり。

ebody-design

75kgを切るのに少し時間がかかったが、最後の1週間で1.6kg落とせたのが大きかった。

それでは、ビフォーアフターの比較写真もご覧いただこう。

ビフォーアフターの比較写真

ebody-design

アゴ周りの肉が落ちて、スッキリした感じがある。

 

ebody-design

背中は変化が大きい。腰回りの肉が落ちている。

ebody-design

脇腹の贅肉が落ちている。

ebody-design

こちら側も脇腹の贅肉が落ち、顔も少し丸みが取れた気がする。

劇的に痩せてはいないが、腹回りと顎周りの肉が少し取れている。

久しぶりに会った友人にも「顔がスッキリしたね!」と言われたので、見た目にも変化があるのだろう。

正直、1ヶ月目からこれほど痩せられるとは思っていなかった。

週2回のトレーニングと糖質制限のほかには、特に運動はしていない。

運動は、20分×2回=週40分の体幹トレーニングだけなのである。

まだ1ヶ月だが、Vision bodyを着用した体幹トレーニングのダイエット効果は、想像以上だ。

もちろん個人差はあるはずだが、僕にはこのダイエットは上手くハマっていると思う。

この調子なら10kg減の目標は簡単に達成できるのでは?!

だが、6月上旬には日本出張の予定もあり、糖質制限を破ってしまう予感。。。

また、2ヶ月後のビフォーアフターは7月上旬に報告するので、お楽しみに!

ウェイトトレーニングは業界最安値! ebody design料金表

ebody-design

ebody designの料金設定は上画像のとおり。

僕が行っているのは左上のビジョンボディコースで、1ヶ月=8回分+食事指導付きで25,000B。期間は2ヶ月〜となる。

もう少し低価格で始めてみたいという方には、右上のビジョンボディチケット(12,000Bで6回分)がおすすめだ。

ただし、ビジョンボディチケットには食事指導は付かない。

ダイエットよりもガッツリ筋肉をつけて、カラダを大きくしたいという方には一番下のパーソナルウェイトトレーニングがいいだろう。

食事指導付きで1ヶ月16,000Bは、業界最安値である。

クレジットカード払いに対応!

e body design

バンコクのパーソナルジムでは珍しくクレジット払いに対応している。

しかも手数料無料で分割払いも可能だ。

効果がない場合は、全額返金保証!

henkin

2ヶ月以上、e Body Designのトレーニングを続け、効果がなかった場合、なんと全額返金保証が受けられる。

ここでダメなら返金してもらい、ほかのジムに通う。ということができてしまうのだ。

ここまでお膳立てが整っていれば、ebody designでパーソナルトレーニングをはじめない理由はない…?!

※トレーナーの指示に従って食事制限、トレーニングした場合に限ります。割引きなどのプロモーションを活用した場合は対象外です。

ebody designのパーソナルトレーニングの特徴まとめ

最後におさらいとして、e body designのダイエットコースの特徴をまとめておこう。

  • 世界最先端のEMSトレーニング「Vision Body」
  • 20分で通常のトレーニングの数倍の効果
  • 手ぶらで来店OK!
  • 22時までの営業
  • アップテンポなBGMで楽しい雰囲気
  • 駅徒歩0分の効立地
  • クレジットカード払いに対応
  • 完全返金保証つき!

今年こそ、ダイエットや肉体改造をしなければ! とお考えの方は、ぜひ一度、下記ebody designまで問い合わせてほしい。

明石
一緒に頑張りましょう!

ebody design(心技道場プラカノン支店隣り)

e body design

プラカノン駅前のマックスバリュ3階