洪水やデモ、クーデターが起きながらも右肩上がりに成長を続けるタイ経済。

thaikeizai

画像出典:http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=NGDP&c1=TH&s=&e=

好況を背景に、日系を中心とした外資系企業の進出が加速し、バンコク都心部では駐在員社会が膨張している。
特に日本人駐在員が多く住み、日本人居住区ともいうべきスクンビットエリア(BTSアソーク〜エカマイ間)では、駐在員を受け皿としたコンドミニアムの建設がまだまだ盛んである。
だが、スクンビットエリアだけでは増え続ける日本人を吸収しきれず、BTSの延伸に合わせて日本人居住区も東へと拡大している。
統計が出ているわけではないので感覚の話になってしまい恐縮だが、特にBTSエカマイ駅から1駅目のプラカノン駅や2駅目のオンヌット駅周辺に住む日本人は急増している感がある。駐在員だけでなく、現地採用者の存在も大きい。
僕も現地採用として3年半働いていたので分かるが、スクンビットエリアのコンドミニアムの家賃は、現地採用者が自腹で払うには高過ぎる。
プラカノンやオンヌットエリアであれば、ワンルームタイプならプール・ジム付きのコンドミニアムが1万B程度で借りられるのだ。
事実、僕の周りの現地採用者はほとんどがプラカノン、オンヌットエリアに住んでいる。
これだけ日本人が明らかに増えてきているにも関わらず、日本食レストランなどの日本人向けのサービスはほとんどない。
だかここ最近、日本人向けのサービス業が次々と進出し、競争が激化するスクンビットを避け、競争の少ないエリアを探す動きも出てきてた。
そこで「ネクストスクンビットを探せ! 」と題して、これから日本人向けサービスの需要が増えそうなエリアを紹介していきたい。シリーズ化するかは反響次第である。
さて、前置きが長くなったが、今回は第1弾として「プラカノン」を紹介したい。

アイキャッチ画像:Pabs523 https://www.flickr.com/photos/14245455@N02/

発展するプラカノンを象徴する新ランドマーク

phrakanong wdistrict

絶賛開発中のプラカノンの顔とも言うべき存在になりつつあるのが、昨年オープンした「W District」だ。

phrakanong wdistrict

高層コンドミニアム2棟に24時間営業のカフェやレストラン、コワーキングスペース、ギャラリーなどが入居する複合施設だ。コンドミニアムの屋上には、地上46階のルーフトップレストラン「Zeppelin」もある。
このコンドミニアムの賃料は1ベッドルームで2万B〜といったところだろうか。
今なら1年契約で1ヵ月フリーレントというプロモーションを実施しているようである。

wdistrict phrakanong

のちほど紹介するが日本食レストランも入居している。

抜群の交通アクセス

phrakanong rama4

BTSプラカノン駅とW Districtの間には、バンコク随一のオフィス街であるサトーン・シーロムエリアへ向かうラマ4世通りの始点がある。空いていればサトーンまでは車で10分程度で行ける。スクンビットエリアよりもサトーン方面への便は良い。
この交通アクセスの良さがプラカノンが注目される理由のひとつでもある。
日本食レストランも少しづつだが増えてきている。
おそらく7〜8軒程度はあるだろう。中でも日本人が足を運びやすいオススメのお店を5軒紹介しておく。

次ページ プラカノンのおすすめ日本料理店5選!