アソーク駅直結のインターチェンジ21ビルにある日系整体院「ペインアウェイクリニック」。

整体・マッサージだけでなく、世界最先端の電気治療や鍼・カッピングなど、あらゆる治療法を導入し、プロアスリートも厚い信頼を寄せる総合整体クリニックだ。

優秀な理学療法士たちが、日々、医学的知識や治療技術の研鑽に励む同クリニックだが、今年から新たな取り組みをスタートした。

それが、1月中旬にオープンしたばかりの「リハビリルーム」。

整体治療で体の歪みを治し、それが元に戻らないようリハビリトレーニングも行う。

この両方を提供する整体クリニックは世界でも稀。タイではもちろん初めての試みとなる。

治療とリハビリトレーニングのコラボレーションとは一体どんなものか?

早速、体験に行ってきたので、今回はそのレポートをお届けしよう!

この記事の目次


ペインアウェイクリニックの特徴をおさらい

painaway clinic

右から三番目が院長の菅谷氏

ペインアウェイクリニックが他の整体クリニックと大きく異なる点、それは以下3つの治療法を取り入れていることだ。

①鍼・カッピング

②電気治療

③整体・マッサージ

pain away clinic

歪み測定

治療前の診断では、姿勢測定機で体の歪みを可視化。治療の前後で歪みがどの程度改善したかを視覚的に理解できる点も他のクリニックにはあまりないサービスだろう。

“体の歪みと痛みを取るために、効果の高い治療法はすべて取り入れ、ベストを尽くす”

菅谷院長の治療に対する信念を体現しているのが、ペインアウェイクリニックなのである。

Yindeedでは過去に上記3つの治療法を実際に体験し、その効果を実感。

昨年4月からはドクターが常駐。保険請求手続きが円滑になり、より利用しやすくなった。

 なぜリハビリルームをオープンしたのか?

pain away clinic

新しくオープンしたリハビリルーム

一般的に理学療法のクリニックは二種類に分かれる。

1つめは運動やトレーニングがメイン、2つめは矯正やマッサージ、電気治療がメインのクリニックだ。

バンコクにある整体クリニックのほとんどは、ペインアウェイを含めて矯正や電気治療がメイン。

運動やトレーニングに関しては、パーソナルトレーニングに通っている人が多いのではないだろうか。

つまり、治療とトレーニングを別々の場所で、別々の人が担当しているのだ。 

painaway clinic

電気治療器ショックウェーブ

体の歪みを治し、痛みを完全に取り去るには、矯正などの整体治療だけでは不十分。

一時的に改善したとしても、並行してリハビリトレーニングを行わなければ、いつかは元に戻ってしまう。

pain away clinic

ペインアウェイのカッピング

治療とトレーニングは切っても切れない関係。

それならば治療だけでなく、トレーニングも一緒に提供したほうがいい。

患者の体の歪みまで知っている担当者がトレーニングも指導したほうが、治療効果が高いのは間違いない。

治療とトレーニングを同じ理学療法士が担当

pain away clinic

ペインアウェイにはたくさんの理学療法士が勤務

 ペインアウェイクリニックでは、治療を担当した理学療法士がリハビリも担当する。整体とパーソナルトレーニングを、同じ場所で、同じ理学療法士が、担当するのだ。

ダイエットや筋トレを目的としたパーソナルトレーニングでは、バランスよく筋肉をつけるため、トレーニングも左右均等に行うのが一般的だが、ここでは体の歪みを矯正するために、必要箇所のみトレーニングする。

これがパーソナルトレーニングとの大きな違いなのだ。

それでは実際に整体とトレーニングを体験してみよう。

まずは体の歪みチェックから整体治療

pain away clinic

歪み測定(写真は以前のもの)

僕は仕事柄、毎日カメラとレンズ数本、それとラップトップが入ったバックパックを担いでいる。その重量は約10kg。

そのせいで前傾姿勢となり、猫背になってしまうのだ。

腰にも負担がかかるため、慢性的な腰痛持ちなのである。

怠け者である僕はトレーニングをおろそかにしてしまい、腰痛がたびたび再発。最近では、靴下を履くにも一苦労、というほど悪化。

今回、取材にかこつけて、しっかりと矯正&マッサージとリハビリトレーニングをしてもらうことにした。

pain away clinic

体の歪みを見てもらうと、右の骨盤が上がっているせいで、右足が短くなり、右肩が下がっているという。

歪みチェックなどの詳しい流れは、以下の記事をご覧いただきたい。

pain away clinic

理学療法士によるマッサージと矯正

理学療法士にじっくりと体をほぐしてもらい、最後に矯正。

30分ほどの治療で前にかがむのも苦労した腰痛がかなり楽になっている。

靴下を履くのもツラくない。

普段なら治療後に自宅でできるリハビリトレーニングを教えてもらうのだが、今回はここからリハビリルームに移動し、トレーニングを行う。

リハビリルームでトレーニング!

pain away clinic

広々としたリハビリルーム

リハビリルームは同じフロアの二件隣りにあり、クリニックから徒歩5秒。

様々な器具が置かれており、トレーニングジムのようなリハビリルームだ。

pain away clinic

リハビリトレーニング前にiPadを使って、どこをどう鍛えるのか、説明を受ける。

僕は右腰方形筋が硬く縮んでいて、左側の腰方形筋が弱く伸びきっているため、骨盤が歪んでいる。

pain away clinic

右腰方形筋

腰の右側に痛みを感じているが、その原因はこの右の腰方形筋が硬く縮んで骨盤と背骨が曲がっているためだという。

あとはやはり、重いバックパックを毎日担いでいることから来る猫背。

自分の体の歪みとその原因を理解したところで、リハビリへ。

レッドコードで骨盤と背骨の歪みを整える

pain away clinic

レッドコードでサイドプランク

 まずはじめは、見た目のインパクトも十分なノルウェー製のレッドコードという器具。これでサイドプランクをすることで骨盤と背骨の歪みを整える効果がある。

右を上にして左側の筋肉を縮めることによって、骨盤をまっすぐ維持。

床でサイドプランクをするよりも、レッドコードでバランスととりながらトレーニングする方が、体幹の筋肉をより短時間で鍛えられる。

通常のプランクよりも掛かる負荷は大きく、10秒程度でもしんどい。

TRXで猫背を治す

pain away clinic

TRXで猫背を治す

続いては、猫背を治すトレーニング。TRXと呼ばれる器具で肩の関節の可動域を改善する効果がある。

胸の筋肉(大胸筋)が縮み、背中と肩甲骨の筋肉が伸ばされることで、慢性的な肩こりにもなっている。

pain away clinic

大胸筋

大胸筋を伸ばし、背中と肩甲骨の弱まっている菱形筋も鍛えるトレーニングだ。

pain away clinic

菱形筋

ダンベルで菱形筋を鍛える

pain away clinic

ほかのトレーニングはストレッチも含めての効果があるが、菱形筋を強化するのはダンベルを使ったトレーニングが一番効果があるという。 

今回のトレーニングは以上で終了! 時間にして20分程度なので心地よい疲れといった感じ。

面倒くさがり屋こそ、リハビリを。

pain away clinic

ほかにも様々なリハビリメニューがある

「ご自身でトレーニングをしてくださいね」と言われるより、治療直後に担当の理学療法士から直接トレーニングの指導を受けられるのは、確実に治療への意識が高まる。

今回、実際に治療とリハビリトレーニングを体験して、そう実感した。

整体には通って一時的に治ったけど、再発してしまった。

という悩みを持っている方は、ぜひ一度、ペインアウェイクリニックで治療+リハビリのコラボを体験してほしい。

ペインアウェイクリニックの治療料金

pain away clinic

詳しい料金はpainawayclinic.come

ペインアウェイクリニックの料金体系は、基本的には時間ごとの料金。

リハビリの料金もトレーニングする時間によって異なるので、どの程度の時間になるか、事前に確認してほしい。 

  • 初診料 500〜1,000B
  • 医師の診断書(※) 500〜1,000B
    ※保険申請用の診断書発行。医師常駐(水曜日除く)
  • 歪み診断 500B
  • 矯正のみ 500B
  • 治療(10分) 980B
  • 治療(30分) 1,290B
  • 治療(45分) 1,690B
  • 治療(60分) 2,090B
  • 治療(75分) 2,590B
  • 治療(90分) 3,090B

電気治療や鍼などそのほかの治療料金はペインアウェイクリニックのHPにてご確認ください。 

Pain Away Clinic 店舗詳細 ※来院時は要予約

pain away clinic