11月に入り、朝晩は涼しい日も徐々に増えてきて、いよいよ乾季を訪れを実感できるようになってきた今日このごろ。
タイの乾季(11月〜3月頃まで)は雨がまったく降らなくなり、空気もカラッとしているので日中でもあまり汗をかくことなく快適に過ごせる。チェンマイやチェンライなど北部の山間部は朝は0度近くまで冷え込み、霜が降りる日もある。
南部の島やビーチでは、乾季の時期は海が一年でもっとも美しくなる季節になり、ダイビングのベストシーズンに突入する。
灼熱の大地イサーン(東北地方)は、乾季の時期でなくては日中は熱すぎて観光どころではない。
年末年始にタイ旅行を検討している方は、今タイの旅行情報を探している真っ最中ではないだろうか。そこで今回は、タイの旅行情報の収集に役立つウェブサイトやブログを7つご紹介したい。

この記事の目次


1. タイ政府観光庁

tathttp://www.thailandtravel.or.jp

タイの観光情報といえば、まずはなんといってもタイ政府観光庁の公式ウェブサイトだろう。タイ政府のサイトだけあり、バンコク、チェンマイ、プーケットといった主要な観光地以外にも地方の情報も豊富に掲載されている。観光地の紹介だけでなく、最新のイベントやタイ各地のお祭りの情報など、見ているとついつい行きたくなってしまうものばかりで、見ているだけで楽しい。

2. TRIPPING(トリッピング)

trippinghttp://tripping.jp/asean/thailand

「東南アジアのいまが分かる情報サイト」がコンセプトのウェブマガジン。ASEAN10カ国の情報を網羅しているが、タイの情報量がもっとも多い。
現地で長く暮らすレポーターによる旅行記やコラムは在住者にも役立つものが多く、とても参考になる。

おすすめ記事

これからの季節のお楽しみ、タイのシミラン諸島でダイビング

週末トリップ!タイ・チェンライの山奥に広がる茶畑と雲南料理

3. 激旨!タイ食堂

gekiumahttp://タイ料理-バンコク.com

旅行の最大の目的は、現地の“ローカルフード”という方も多いだろう。この「激旨!タイ食堂」は、バンコクを中心にタイ人に評判の屋台やタイ料理レストランの情報を発信しているブログである。すべてのお店に取材を行った上で書いているので、情報も新しく信頼できる。
かつてここまでタイの屋台や食堂を熱心に取材して、情報発信をしているブログがあっただろうか。筆者のタイ飯に対する情熱が読み手にも伝わってくる。
まだ今年の6月に始まったばかりのブログだが、毎日更新しており、すでに100本以上の記事が公開されている。月間アクセス数は早くも5万PVを超え、目下人気急上昇中のブログであり、僕も毎日更新を楽しみにしている。
ローカルの屋台や食堂でおすすめのお店の探したい時に一押しのサイトだ。

おすすめ記事

【特集】バンコクで行っておきたいカオマンガイ屋10選!

バンコク最強クイッティアオか!? スクンビット ソイ26のクイッティアオ「ルンルアン」

4. バンコクナビ

bangkok navihttp://www.bangkoknavi.com

2005年のサイト開設から今年で10年を迎えるタイ観光ポータルサイト「バンコクナビ」。バンコクの旅行情報を検索している時によくヒットするので、誰もが一度は見たことがあるサイトではないだろうか。
バンコクと近郊の観光地情報をほぼ網羅しており、旅行サイトとしての情報量は他を圧倒している。

おすすめ記事

11月・12月のタイ・バンコク 【2015年】

折り畳み市場(線路上市場)のあるメークロンへ!バンコクからローカル鉄道の旅

5. DACO

dacohttp://www.daco.co.th

バンコクの日本語フリーペーパー15誌の中でも、もっとも旅行情報が豊富な「DACO」のウェブサイト。
エンターテイメントをコンセプトにしたメディアであり、イベントや観光、食、美容など在住者だけでなく旅行者にも役に立つ情報が満載だ。
おすすめのコンテンツは、ワンデートリップ。バンコクから日帰りや1泊で行ける観光地を紹介する旅行記で、マニアックな場所も多いが、在住者、旅行者問わずバンコクから近場でどこか行きたいな〜という時などに参考になる。

おすすめ記事

列車でGO! フアラムポーン駅から「ひまわり列車」に乗ってロッブリーへ

仏教伝来の街でタイ人に人気の名刹へ 「車で行くナコンパトム寺めぐり」

6. トリップアドバイザー

trip advisorhttp://www.tripadvisor.jp

ご存知世界最大の旅行情報サイト「トリップアドバイザー」。欧米系のユーザーが多いためホテルやレストランのランキングは日本人の好みに必ずしも合うわけではないが、レビュー情報が豊富で参考になる。
トリップアドバイザーが毎年行っている旅行者が選ぶホテルや観光地のアワードを楽しみにしている方も多いのではないだろうか。
ちなみに2015年のタイの人気ビーチTOP10には以下のビーチが選ばれている。

1. ナイハーンビーチ プーケット
2. ライレイビーチ クラビ
3. カタノイビーチ プーケット
4. プラナンビーチ クラビ
5. サンライズビーチ リペ島
6. トンナイパンノイビーチ パンガン島
7. カロンビーチ プーケット
8. フリーダムビーチ プーケット
9. ロングビーチ ランタ島 
10. レムトンベイ ピピ島

7. YINDEED MAGAZINE

yindeed magazine
http://yindeed.asia/magazine

手前味噌で恐縮だが、Yindeedマガジンでも「旅の話」というカテゴリーで、タイと周辺国の旅行情報についての記事をこれまでに52本書いている。ほかのサイトやブログ、ガイドブックには載っていないような情報を発信することを心がけているが、最近あまり旅行に行けておらずネタがなくて苦しんでいるようである。
旅の話カテゴリーでおすすめの人気の記事は以下の通り。

おすすめ記事

本帰国までに行きタイ! タイ国内の旅 リペ島編

今年の年末年始こそ行きたい! 憧れの旅行先10選!

観光客が少ないタイの穴場ビーチ4選!

まるで映画ザ・ビーチの世界! プーケットのシークレットビーチ「フリーダムビーチ」に行ってきた。

ドローンで行く! タイ絶景の旅 バンコク編

アジアハイウェイ2号線を南下せよ! 陸路で行くマレー半島縦断の旅 第1話〜序章〜

行くなら今! 美しすぎるカンボジアの秘島・ロン島へ

タイの長距離バスをネットで予約してみた。12Go Asia編

先月くらいから旅行関係の記事のアクセスが伸びてきており、これからの年末年始の旅行シーズンに向けてタイの旅行情報のニーズが高まっていることを感じる。
年末年始に向けて、YINDEEDマガジンでも旅行情報を中心に発信していこうと考えている。

それではまた明日!