スクンビットで日本人御用達のタイ料理レストランとして定着した「サボイシーフード・スクンビット26店」。
リゾート風で開放感のある店内、新鮮なシーフード、何を食べても外さない安定のタイ料理レストランだ。

サボイシーフードという店名のとおり、同店はシーフードに力を入れている。当然、以前から生簀はあったし、生簀から揚げたばかりの新鮮な海鮮が同店のウリでもあった。

今回、「蟹コンド」と呼ばれる新たな生簀が完成したという。ぜひ見に来てほしいとの連絡を受け、噂の「蟹コンド」を見に行ってきた。

この記事の目次


これが蟹コンドだ!

savoey seafood sukhumvit

サボイシーフード・スクンビット26店

アソークのターミナル21に系列の「サボイレストラン」がオープンしたこともあり、スクンビット26店に足を運ぶのは久しぶりだ。
やはりこの店は、天井が高くて気持ちがいい。

お目当ての生簀は、店内入口の左手にある。

もったいぶらずに早速、噂の「蟹コンド」をお見せしよう!

savoey seafood全70室の蟹コンド

これが蟹コンドだ。

この黒い箱の中に蟹が1匹ずつ入っている。

savoey seafood

なかなか贅沢な待遇ではないだろうか。
これだけ活きた蟹を常時用意できるのは、それだけ人気がある証。

savoey seafood

蟹コンドだけでなく、生簀ルーム自体が拡張されていた。

僕イチオシの高級魚「プラーガオ」をはじめ、シャコ、海老、ロブスター(プーケット産、カナダ産)など、サボイシーフード自慢の鮮魚が並ぶ。

savoey seafood

プラーガオ

savoey seafood

シャコ

savoey seafood

ロブスター(プーケット産)

savoey seafood

カナディアンロブスター

プラーガオについては以前レビューを書いているので、ぜひお読みいただきたい。

せっかくなのでシーフード料理をいただいて帰ることにした。

プーカイドーン

savoey seafoodまずはプーカイドーンから。
どこにでもあるメニューではないので、食べたことがない人は多いと思うが、プーカイドーンとは、卵持ちの生の蟹を、タレ、にんにく、塩、そしてナンプラーに丸一晩かけて漬けこんだもの。

辛味と酸味、そして卵の濃厚な甘味が口の中に広がり、クセになる旨さ。お酒好きにはたまらない一品だろう。

価格:390B

シャコのにんにく炒め

savoey seafood続いてはシャコのにんにく炒め。大きなシャコを贅沢に使った一品だ。
以前、サボイシーフードのパタヤ・ターミナル21店に行った際にも同じものを食べたが、今回のほうが甘みが強く、美味しく感じられた。

価格:360B/100g(写真は1,980B/550g)

プーオップウンセン

savoey seafood最後はラノーン産の蟹と春雨を土鍋で蒸したプーオップ・ウンセン。丸々一杯の蟹を贅沢に使い、見た目のインパクトも抜群。

甘辛い醤油風のタレの味が染み込んだ春雨は、日本人にも食べやすい味付けだ。

価格:230B/100g(写真は1,725B/750g)

以上、サボイシーフード・スクンビット26店に新しく完成した生簀「蟹コンド」とおすすめのシーフード3品をご紹介した。

スクンビットで新鮮なシーフードを食べたいというときは、ぜひ同店へ足を運んでほしい。

サボイシーフード 店舗詳細

savoey seafood sukhumvit

  • 店名:Savoey Seafood Co. Sukhumvit26(サボイシーフード・スクンビット26店)
  • 営業時間;11時〜22時(L.O.21時半) 無休 
  • 住所:スクンビット・ソイ26 (A Square内) BTSプロンポン駅から徒歩15分 車で2分
  • 電話:02-020-7462
  • HP:http://bit.ly/2E3gIvq
  • FB:https://www.facebook.com/savoeyrestaurant